更年期ケア『NPO法人ちぇぶら』

言葉の体操。滑舌(かつぜつ)練習。早口言葉。

こんにちは。永田京子です。

今日から東京出張です。イベント登壇や、
顔を合わせての打ち合わせ(愛知の時はZoom打ち合わせが多い)、
団体の研修、屋形船に乗ったりと、
楽しみなことがたくさん待っています。

家庭の頼りの夫は、出張が重なってしまい、
子どもたちのお世話は愛媛県から高速道路を
5時間かけてぶっ飛ばしてきてくれた義母にお願いしています。
あぁ、生き神様です!いつもありがとうございます。

さて、更年期サポートのNPOちぇぶら」の
認定講師の研修のアイスブレイクでやろうと思っている、
早口言葉について。
普段、人前に立って話すことが仕事。
レクチャーは、あかるく、大きな声で、はっきり、聞き取りやすく。
その練習のために、滑舌(かつぜつ)練習です。

滑舌(かつぜつ)とは・・・アナウンサー・俳優などが口の動きを滑らかにするために行う発音の練習。転じて、発音や発声がはっきりとしていて滑らかなこと。また、そのような話し方。(コトバンクより)

さぁ、 レッツスタート!

言葉の体操 聞き間違いやすい言葉

「わ」と「あ」

練習:笑わば笑え 童(わらわ)は笑われる言われはないわえ
(わらわばわらえ わらわわ わらわれるいわれわないわえ)
練習:大洗(おおあらい)でお笑い芸人に大笑い

「さ」と「しゃ」

練習:お猿に押されておしゃれ台無し
練習:出世した山村(さんそん)出身シャンソン歌手

「ひ」と「し」

練習:火鉢と火箸は非売品
練習:潮の引いた昼下がり、広い干潟で潮日狩り。

実践練習、早口言葉

声に出して言ってみよう!

・生麦生米生卵(なまむぎ なまごめ なまたまご)

・赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ 

・坊主がびょうぶに上手に坊主の絵を書いた

・言いにくい国、食いにくい肉、抜きにくい杭

・「あぶりカルビください!」

・「右耳にミニニキビ!」

・七生麦 七生米 七生卵(なななまむぎ なななまごめ なななまたまご)

・シチュー死守しつつ 試食し視聴中(シチューししゅしつつ ししょくし しちょうちゅう)

・新人歌手新春シャンソンショー
(しんじんかしゅ しんしゅん しゃんそんしょー)

・「東京特許許可局局長今日急遽許可却下」
(とうきょうとっきょきょかきょくきょくちょう きょうきゅうきょきょかきゃっか)

・隣のキャリーパミュパミュとパフィは、よくパフェ食うキャリーパミュパミュとパフィだ。

実践!早口言葉 パート2

せっかくなので、更年期のレクチャーに関する早口言葉も!

・社長出張中、視床下部と部下出張中
(しゃちょうしゅっちょうちゅう、ししょうかぶとぶかしゅっちょうちゅう)

・骨粗鬆症訴訟勝訴
(こつそしょうしょう そしょう しょうそ)

ちぇぶら事務局長も考えてくれました。
(※永田は、メンバーに「きょんちゃん」と呼ばれています)

「きょんちゃん 今日は 驚異の 曲芸!」

「きょ」がいっぱい!

これは、アイスブレイクです。
研修では、国内、海外の更年期に関する最新情報の学びや、
エクササイズや講義のレクチャー練習、ブラッシュアップなど、
「健康的で、楽しくて、役に立つ」をモットーに、真剣にやっています^^

永田京子